経営計画・経営方針とは(3/3)|SMCブログ|ストリーム経営コンサルティング株式会社
ストリーム経営コンサルティング株式会社

経営計画・経営方針とは(3/3)

2015年11月 1日

3)具体的な年度計画の策定

課レベルの目標、戦略、戦術が決まれば、具体的に、「誰が」「いつまでに」「何を」「どのようにするか」を決めていき、課の年度計画を策定しますが、これは、課長が課長代理・係長・主任クラスと一緒になって作成します。

課長代理・係長・主任クラスが一緒になって策定する目的は、課長は管理職ですから第一線の業務から退いています。そのため、実務の詳細を把握している最高位がいわゆる指導層と呼ばれる課長代理・係長・主任クラスになるためです。戦術構築、計画立案は、実務の詳細を理解していないと正しいものが作れません。

 

課の年度計画を策定するポイントは、次の3点です。

①課に所属する社員の育成を考えて策定する

②受け手の社員が行動をイメージできるように分かりやすく策定する

③年度計画は、目的と意義を理解できるように策定する

 

①の解説

ポイントは、社員がより上位の役割を担えるように、前年よりも難易度の高い業務を任せる、ということに尽きます。前年同様の業務を任せることが最も課としての効率が高い状態ではありますが、同じ業務を任せるだけでは、社員は成長しません。社員の成長スピードを速めるためにも、より難易度の高い業務を任せることが重要になります。

 

②の解説

人間は、頭でイメージできた行動しか取れません。そうであるならば、受け手の社員(部下)が計画を見たときに、自身の業務をイメージできるかどうかがポイントとなります。イメージできていなければ、課長を中心として上位職の者が、受け手の社員(部下)が業務を理解してイメージできるまでしっかりと説明することが重要になります。特に、部下を成長させようとして未経験の業務を与えた場合は、理解しているかの確認を継続的に取る必要があります。

 

③の解説

部下が自身の業務の目的と意義を認識していなければ、日々の忙殺される業務に埋没してしまい、モチベーションが下がってしまいます。

あるいは目的を忘れてしまい、目標達成のための手段が目的化し、課の方針とは異なる行動をとってしまいます。

これらを防止し、継続的に課の方針を理解した状態を創りあげるためには、上司が常に部下一人ひとりの仕事の目的を認識させることです。

 

以上が経営計画の概要になります。ご不明点がございましたら、お気軽に当社までご質問ください。

 

なお、これらを実現するための仕組みを構築するのが、経営方針管理コンサルティングプログラムになります。

当コンサルティングプログラムについてのご質問もお気軽に当社までお寄せください。

 

 

前ページへ 次ページへ

経営計画・経営方針とは(2/3)

等級制度の考え方(1/3)

 

 

※ブログ内容に関するご意見・ご質問は、smc_blogアットマークstream-mc.co.jpまでお寄せください

※上記「アットマーク」を「@」(半角)に置き換えてご送信ください

 

 

※ブログの著作権を確認する

stream

【 SMCブログ トップページへ

stream

SMCブログ更新情報をメールで受け取る

stream
ストリーム経営コンサルティング株式会社