5分でわかる『人事制度の現状と役割』|ストリーム経営コンサルティング株式会社
ストリーム経営コンサルティング株式会社
コンサルティングに関してお気軽にお問い合わせ下さい
03−6869−2643(受付時間:平日10時〜18時)
human resources

企業の永続的な成長のためには、その企業の強みを活かした経営方針や経営戦略が必要不可欠です。そしてその実現には、企業に所属する個人(=人材)が新しい価値を生み出せるように、人事制度によって「人材」が持つ力を最大限に発揮させていくことが重要です。

人事制度が適切に運営されていることで、経営上の様々な課題を解決することが可能となり、他社に対する優位性にも繋がるのです。

機能不全を起こしている人事制度

人事制度は、企業経営のために重要な役割を担っており、経営的に様々な機能を付与することができる「魅力ある制度」です。

しかし、多くの企業で人事制度が「昇格と賃金を決めるためだけのルール」となっていて、本来の役割を果たせていないのが実情です。人事制度の設計と運用上の問題や評価者である上司のマネジメント不足によって、多くの企業で人事制度は十分に活用されていないのです。

本来の人事制度の役割とは

人事制度は、等級制度人事評価制度賃金制度の3本柱から構成されます。そして、評価制度の中で「目標管理制度」を活用するケースが多くなっています。これら4つの制度を適切に設計・運用して、

  • 経営理念、経営方針と社員の行動を結びつける
  • 社員に対して「取るべき行動基準」を示す
  • 社員の成長を促す
  • 行動結果や内容に対し、見合う役割と賃金を決めていく

ことが人事制度の役割であり、社員を活かすために必要不可欠な要素となります。

このように、人事制度の設計は大事ですが、それと同様に運用面、特に上司(評価者)マネジメントが成功のカギとなります。1つポイントを挙げるとすれば、“日常的に部下へ積極的な働きかけをすることで、上司(評価者)と信頼感を醸成する” ことです。

人事制度の成功は人事部だけでは成し遂げられないと言われるのは、このような現場のマネジメントが重要になるためです。
“良質な人事制度” と “現場の上司によるマネジメント” の両輪より、成功への道筋が見えてくるのです。

上記を満足する人事制度を構築するプログラムは、経営人事コンサルティングプログラムをご覧ください。
「マネジメント」の詳細はマネジメント基礎をご覧ください。

ストリーム経営コンサルティング株式会社